テ  レ  ビ  三  遠   東  栄  支  局  


下粟代花祭り

毎年、1月の成人の日の直前の土曜日午後からの神事に始まり、10日午後の神事で終わるまでののほぼ全部、およそ22時間を70分に凝縮して公開





【文化講演会】

●歌舞伎の魅力
東栄町古戸座の義太夫、竹本文氏、浦川や田峯など近隣の田舎芝居のみならず、豊橋・湖西、さらに岐阜県や長野県下での芝居にも出張し、自ら語るのみならず指導にもあたっている。
まさに、東栄町が文化の町という生きた証拠、どうでしょう町長さん、東栄町の人間町宝に指定されては。

東栄町の石仏あれこれ
山里のあちこちに、ひっそりと立ち続ける無数の石仏たち。
いつ、何のために建造され、そして数百年を経て、その間、
私たちに何を伝え、何を語ろうとしているのか。



【文化講演会】 江戸時代の東栄町
町民から提供された、先祖伝来の古文書等、文献約16000点を、10年をかけて町民自らの手で仕分け、解読し、編集した、自作自演、まさに、地産地消の東栄町史、この編纂に携わった、生え抜きの東栄町民、一野瀬三紀男氏が語ってくれました。



東栄町の花祭り】 

 ●下粟代地区(成人の日直前の土日)

  △花祭り総集編  △鬼より怖い地獄の特訓受ける鬼  △イケメンの素顔の舞

 ●小林地区(11月の第2土曜日)

    花祭りの神事を探る

【東栄町の盆踊り】
 
 ●古戸の跳ね込み供養


△印は、テレビ三遠の前身、ラジオ三遠当時に作成した映像です
東栄支局
山村の魅力と諸問題を下から目線でお伝え




チェンソーアート用巨木の啄木伐採
29年5月27.28日に開催されるチェンソーアート競技会、今年のシンボルは二宮尊徳像。その素材として、巨木が町森林組合の若手イケメン集団により啄木伐採された。




ほぼ絶滅か、正月飾り
正月と言えば当たり前だった角松、今は、一部のコンビニ等で見るだけ。しかし、古戸の伊藤勝文様宅では、先祖代々の飾りつけを、現在も続けている


東栄町にUターンの陶芸家

日展で12年連続入賞、陶芸家の山本幸嗣氏とはどんな人? 一事に100%の情熱を注ぐ、芸術の町として過疎の山村の未来に新風が起きそうである

和尚さんは街の名コーディネイター

永福寺(掛川市)が行う、数々のイベントが、自然に相互連携し、相乗効果が生じて、地域活性化に繋がっている素晴らしい実例です。東栄町のこともよく知っておられる和尚様です。もしかして、あなたもお知り合いでは?

ターンできこりに
天竜で新しい形の森づくり〜Kicoroの森〜を設営する前田剛志氏が、天竜の林業に新しい風




テレビ三遠ふるさと賛歌

山村で育った若者(下古戸の(故)伊藤素氏)が、東京に出て立派な会社を築き上げ、ふるさとを想い、ふるさへの感謝の気持ちを込めて創った歌です。


古戸白山祭り
修験者が祈祷時に行った舞踏が花祭りの原型とも言われています。この舞が12月の第2土曜日、白山山頂で見られます




古戸八幡神社秋祭り余興より(第1部)
27年シゲオバンドドライブ。今年は、村の新婚さんカップルの歌が加わって、古戸、東栄町の明るい未来を予感できました。



古来から東栄町古戸に伝わる盆踊
炭坑節やドラエモン音頭に合わせて踊る盆踊りとは異なり、盆踊りの本来の姿とも言える、初盆供養のための跳ね込みです。



山から仏師藤崎秀平氏
を招き身長4メートルの巨大な炎神様をチェンソーで彫る実演、完成直前の姿と、山から材料とな巨木を搬出する風景です。毎年東栄町で開催の全国チェンソーアート競技大会にて


東栄町チェンソーアートで巨木搬出
日本のチェンソーアート発祥の地は東栄町。今年はお相撲さんの等身大の力士像が、大相撲名古屋場所の開幕時に、横綱白鵬関と並んで披露されるという


古戸からも女子挺身隊が
豊川海軍工廠へ赴任した古戸の女性が、今、自ら語る当時の様子






奥三河紀行『トミヤマ村と栃の木』 テレビ三遠東栄支局
日本で一番小さい村として有名だった富山村も、10年前に豊根村と合併、今年、学校も閉鎖、一層寂しい地域になりました。


霧のみどり湖とおいけ様
都市の繁栄の裏にはこんな事実がある。見れば美しい風景だが、その底に、千年以上続いてきた村の、景観が、暮らしが、文化が、歴史が、自然の恵みが葬られている。小さな村こそ、人間社会の原点、大切にしたい。


浦川と佐久間の間の原田橋崩落
国道473号、浜松市天竜区佐久間町の浦川と佐久間を結ぶ原田橋が崩落、以前から危ない橋だとは思っていたが、まさか、付け根の山が崩れて崩落とは。 映像は、在りし日の原田橋です。


いっしょに舞おう、古戸の花祭り
毎年1月2日夕刻から3日昼過ぎまで、徹夜で行われる古戸の花祭り。このうち、草木も眠る丑三時頃に登場する少年(女)の舞と、榊鬼の舞を30分に集約して配信


 東三河広域連合って何?
東栄町も直接関係ある東三河広域連合、
それがどんなものか、今、どのようになっているか、豊川市議をゲストに迎えて聞きました。



『道中祈願太鼓』
東栄町西園目地区に伝わる田楽を基に、三河太鼓美友会家元、久美友恵鼓氏が太鼓に馴染ませてアレンジした傑作。神秘的な世界が拡がります

心のふるさと東栄町より、ナイアガラ、蔦の淵、竜神の鐘、そして、さんさの発祥地「長養院」をご案




【里の猿】‐(フットサル)
いつも身近なところにいて、山猿と言うより里の猿、というより野良ザル、というより、古戸地区に出没するからフットサルだ。



 【限界集落のはるか先を行く集落】
 21世紀の日本には、地方の山村は もう要らない、そういうことなのか、と 思えてしまう、 山に飲みこまれていく 集落の現実の姿を取材しました


 【初夏の振草頭首口】
 東栄町・豊根村、旧津具村に降った雨は、天竜川を流れて遠州灘へ、豊橋や豊川には来ない、その問題を解決した のが振草頭首口です。