最近配信した番組を新しい順にご案内しています

速報 市議会議員選挙結果

豊橋市議会を傍聴の感想
名豊ピル跡地と狭間児童広場の等価交換について問う

名豊ビル跡地(民有地)に24階建て民間マンションを建設のため、裏側の狭間児童広場(市有地)を統合、このマンションの2階3階を
豊橋市が買い取って、まちなか図書館を作る … 官民共同で都市再開発事業を行えば、国から応分の補助金が出るという
国から出ると言ったって、私たちの税金が使われることに変わりはない。
国に納めた税金、他市に先んじて我が町に一円でも多く還元してもらう、これこそ、地元選出国会議員の大事な仕事?かもしれない。
それはいいとして、
 この事業の主体は民間会社だが、市有地だった狭間児童広場の敷地を統合して行っている事業であり、 
 この土地の統合が、どのようにして処理されたのか、
 この問題を取り上げた議会質問を傍聴してきました。

 関連して、私見を二つ

 @ まちなか図書館が本当に必要なのか、どのくらいの利用者が見込まれるのか
 A 民間会社の事業だから寸勁ないかもしれないが、このマンションが、豊橋市の活性化につながるのか?
     不特定多数の市民が利用する商業施設のほうが街中の繁栄に寄与するのではないか、市が協力して行う事業なら
     街中の賑わいを再生する事業であるべきではないか


 質問議員へのインタビュー

狭間児童公園(市有地)と名豊ビル跡地と統合により確保した土地に、民間会社が24階建てマンションを作る、
この土地の統合に関し、両社で等価交換が、正当に行われたのか、について鋭く追及。
当初は、交換に対する土地の単価を公表せず、住民監査請求により、価格が明らかにされたが…