この人こそ、郷土の英雄】
テレビ三遠は、地位にも名誉にもとらわれず、、営利どころか私費を投じてまでも、社会正義を貫き、地域の安全や繁栄のために、人生をかけて東奔西走、そんな素晴らしい人こそ郷土の英雄、と位置づけ、ここに紹介いたします。

自由人 三上元の選択
  
原子力発電所はもうやめよう 


平成28年11月 現職市長としては最後から2番目の講演をする三上市長
ニューヨークで起きた9.11事件の時から、テロや悪意ある第三国から原発を狙われたら、と、
その危険を痛感され、脱原発を訴え続ける、前静岡県湖西市長 『 三上元 』 氏。
在任中は、現職市長でありながらも、脱原発を大々的に主張。
公務を離れる土曜・日曜日等には、脱原発を唱えて全国行脚。
その中で、地元で開催され、テレビ三遠が取材した講演をいくつかご案内いたします。
なお、平成28年12月、公約通り、在任は3期12年で、惜しまれながら勇退、今後は、自由人として、経営コンサルタントとして
立場は変わっても、膨大なリスクと巨額なコストが伴う原子力発電所の、廃止を求めて活動を続けられるそうです。

豊橋ネットテレビ(現テレビ三遠)に出演


浜岡原発を止めた功労者、菅直人前総理大臣、退任直後ながら湖西市に迎えて、3.11当時の官邸の状況等を中心に、直接ご本人から説明をお聞きしました。


テレビ三遠と蒲郡好奇心大学の共同企画番組 『首長対談』にて、
規模も環境も酷似する、湖西市と蒲郡市の市長の対談が実現しました。


テレビ三遠と第一学院高校の共同企画、第一学院高等学校の地域フォーラムにて、市政とはどんなものか、原発の恐ろしさ等についてお話しされました。


シンポジウム、『現代日本を考える』 にて、
作家、鈴木邦男氏・愛知大教授、樫村愛子氏とともに講演


脱原発を唱える作家の鈴木邦男氏の、豊橋で開催された講演会に、
ゲストとして参加、スピーチをする三上市長


湖西市を舞台にした、脱原発映画 『朝日の当たる家』。公金を使うことなく、1000万円を
超える募金を集め完成させた。その上映会であいさつする三上市長。


映画 『放射能を浴びたX年後』 の上映会にてスピーチする三上市長


豊橋で開催された、孫崎享講演会にて、ゲストとしてスピーチする三上市長