↑本をクリックしてください


「薬に頼りすぎない生き方のすすめ」の著者に聞く
豊橋出身の作家で薬剤師、八名三江枝子氏が下記書籍を出版しました。お盆で帰省の折、著者本人に聞きました。かなり人体について調べ、製薬会社が封印してきた、自然に治るメカニズムを進化から見た自然観、意識の及ぼす力など、明らかにしています。
『薬漬け日本』ともいわれている中、私たちの健康が、健康産業のよき餌食になってはいないか、そういう視点から考えてみることも大切なのではないでしょうか。


▲豊橋嵩山の浅間神社例大祭へ侵入取材
全国で120数社あると言われる浅間神社の中で、嵩山の浅間神舎はかなり大きな神社。もともと浅間神社は富士山信仰として祀られているそうですが、それぞれの社が足や腹、頭に霊験あらたかとされ、地元の人たちは身体の守り神として崇められていそうです。理屈は別として、位置から、形状から、雰囲気から、どこか、何かありそうな神秘的な気配を感じる神社です。7月の最終日曜日がお祭りの日。こ今年は台風の余波で、時折どしゃぶりな天気でしたが、この祭りに侵入して取材してきました。